あなたの笑顔でみんなを幸せに!!介護の資格・仕事を始めましょう。求職者支援訓練「介護職員実務者研修」

介護職員実務者研修

実務者研修

 今までは、介護福祉士の受験資格は3年の実務経験のみでしたが、介護福祉士の資質の向上を図る観点から、一定の教育課程を経た後に国家試験を受験する(介護福祉士)形に資格取得方法を一元化しました。

 介護サービスの質の向上を図る上で、施設、在宅を問わず、介護サービスを受ける利用者の方に基本的な介護が提供できる能力を修得することが目的で、平成25年度に「実務者研修」を創設しました。
 
 ホームヘルパー1級(現在は廃止されています。)・介護職員基礎研修過程が実務者研修に一本化されます。

 現在、ホームヘルパー1級や介護職員基礎研修をお持ちの方は平成28年度の以降の「介護福祉士」試験を受ける際には「実務者研修」を修得する必要があります。(免除科目あり)

 訪問介護事業のサービス提供責任者や、介護施設でのリーダー・主任等の重要な役割として従事することが可能です。

※サービス提供責任者とは
 ケアマネージャーさんの作成したケアプランに基づいた訪問介護計画書の作成・お客様やご家族様、担当ヘルパーさんとの連絡調整等の訪問介護サービスに伴う管理業務、ヘルパーの指導・育成・管理等になります。

 ケアマネージャーさんやケアワーカーさんとの連絡・調整など、コーディネート業務全般に携わります。

なぜ今「実務者研修」なのか

 厚生労働省は介護職員の任用資格を「介護福祉士」に1本化する方針を示しており、「ホームヘルパー2級」「介護職員基礎研修」は平成25年度には移行措置の上、廃止になりました。

 平成28年度以降の「介護福祉士」受験資格は実務経験3年に加え、「実務者研修」を受講してから得られます。最短で受験資格が得られる資格が「実務者研修」です。 

詳しくはお電話ください

気軽にお電話ください。スタッフがご説明いたします。

 ℡ 044-900-6125

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional